Social Infobox

Introduction

Social infoboxは,属性タギングを用いた集合知による構造化データ作成支援システムです. 本システムでは,ユーザは対象データ(subject)に対して属性情報(property-valueペア)をタグづけすることで,データの構造化を行います. その際,システムが属性情報を推薦することで,ユーザにsubjetに必要な属性に気付かせ,また,追加した新しい属性の共有を促します. 属性情報の推薦は,すでに入力されたsubject-property-valueの三つ組データから発見された属性集合のパターンを元に行われます. これは,事前に定義されたデータ構造(クラス)によりsubjectが持つべき属性を定めるというトップダウンなアプローチではなく,ユーザ入力によりゆるやかなクラス定義を導き出すボトムアップなアプローチといえます.

「データのウェブ(Web of Data)」が注目されています. 現在は巨大なデータセットを持つ組織や企業がデータをRDF形式(subject-property-valueの三つ組)の構造化データとして公開しリンク付けする動き(LOD化)が中心的ですが,Webが情報利用だけでなく情報発信においても個人が主役となることで大きな発展を遂げたように,Web of Dataもまた多くの個人の参加によってその価値を高めることができると考えます. しかし構造化データに必要なデータ構造はトップダウンに定義されることが多く,これでは集合知の強みが活かされません. 本研究では,ソーシャルタギングと情報推薦技術とを組み合わせることでボトムアップなデータ構造の創発を可能にし,これにより集合知を活かした構造化データ生成を可能にすることを目指します.


References

Social Infoboxに関連する研究発表リストです.

  • 濱崎 雅弘: サジェスト機能によるゆるやかなオントロジー構築を可能にするシステムの提案, 人工知能学会研究会資料 SIG-SWO-A1001-07 (2010) [PDF]
  • Masahiro Hamasaki, Masataka Goto, Hideaki Takeda: Social Infobox: collaborative knowledge construction by social property tagging, Proceedings of the ACM 2011 conference on Computer supported cooperative work (2011) [ACM DL]
  • 濱崎雅弘, 武田英明, 後藤真孝: "Social Infobox: 属性タギングを用いたデータ構造化支援システム", グループウェアとネットワークサービスワークショップ 2011, pp. 59-64 (2011) [PDF]
  • 小早川真衣子, 高見知里, 濱崎雅弘, 新野佑樹, 須永剛司: 表現の場のデザイン ?表現ネビュラ", 第13回 AI若手の集い (2012) [PDF]
  • 福原知宏, 中島正人, 三輪洋靖, 濱崎雅弘, 西村拓一: "高齢者介護施設における申し送り業務支援システムの開発", 第27回人工知能学会全国大会 (2013) [JSAI2013]

Social Infoboxのマニュアルです.

Demo system

ただいま停止中。




本システムに関する問い合わせ先:濱崎雅弘 <masahiro.hamasaki [at] aist.go.jp>

(c) 2014-2018 AIST SocialInfobox Project by